潤命青汁とは

【喜界島産大麦若葉 播種~収穫まで②】

青汁の原料としてよく目にする原料の大麦若葉。潤命青汁にも長命草(ボタンボウフウ)、桑の葉と共に配合している大麦若葉ですが、現在、喜界島で大麦若葉の試験栽培を行っております。ゆくゆくは喜界島産の原料だけを使った青汁の開発を行いたいと考えております。

 

この大麦若葉の特長はさまざま。豊富に含まれているビタミンCが肌荒れを予防する働きやSOD酵素は生活習慣病を予防する効果や細胞の健康維持効果が期待されています。

 

写真は収穫前の大麦若葉です。収穫量を増やし元気に大きく育てるために、播種時期や栽培方法などいろいろ試験栽培を行っていきます。お客様に安心安全の原料でつくった健康食品をお届けしたい。今後も無農薬・化学肥料不使用で長命草(ボタンボウフウ)、大麦若葉、桑の葉、白ごまなどを栽培していきます。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

喜界島 大麦若葉を試験栽培しています

コメントを残す

商品のお問い合わせ


About US
bhn
喜界島潤命青汁は『命潤う薬草:ボタンボウフウ(長命草)』『漢方薬の原料としても有名な桑の葉』『活性酵素を抑制する働きのある大麦若葉』3つの恵みをひとつにした全く新しい青汁です。
facebook
twitter
カレンダー
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930